アフィリエイト広告の費用と5つの効果【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイト広告を利用して自社商品やサービスを販売する時の費用感や効果についてお話します。
まず最初に「まとめ」を書いておりますので、大まかな知識を入れて読み進めてください。

アフィリエイト広告の費用

月額固定料金×利用ASPの数

アフィリエイト広告を行う際、アフィリエイトASPに支払う月額の基本料金が必要です。

アフィリエイトASPに支払う月額料金は
月額30,000円~50,000円が相場です。

上記の金額帯以外にも、月額料金が一切発生しないASPも存在します。
月額料金が発生しないASPとして代表的なのがレントラックスというASPです。
参照:レントラックス

各社の月額料金や成果報酬分の支払いについては以下のサイトが分かりやすく、まとめてくれていますのでご参照してみてください。

参照:アフィリエイトASPの比較

アフィリエイターへの成果報酬分支払

アフィリエイトASPに支払う費用は月額料金だけではありません。
アフィリエイターが自社商品を販売してくれた分の成果報酬費用をASPに支払う必要があります。

例えば

  • 商品が売れるごとに購入金額の5%
  • 1サンプル申し込みごとに1,980円
  • 無料会員登録1件につき500円

というようにアフィリエイターに支払う成果報酬の手数料を決めることができます。

こちらは実際にアフィリエイターが紹介してくれた分のみ費用がかかるので
アフィリエイターが1件も売らなければ0円となります。

【費用計算式】

商品が1つ販売されるたびに申し込み事に2,000円と設定。
アフィリエイター経由で50件の商品が販売された場合。

50件×2,000円=100,000円
をアフィリエイトASPに支払います。

そしてアフィリエイトASPから紹介してくれた各アフィリエイターに支払をしてくれます。

アフィリエイターへの支払分×30%(ASP手数料)

ASPへの支払はアフィリエイターへの支払分だけでなく
アフィリエイターへの支払に対してASP手数料が上乗せされます。

この手数料はASPごとに異なりますが、おおむね30%が相場です。

これらを計算すると以下のようになります。

【費用計算式】

1サンプル申し込み事に2,000円と設定。
アフィリエイター経由で50件の商品が販売された場合。

50件×(2,000円×30%)=130,000円

このようにアフィリエイトASPに支払う手数料30,000円が上乗せされて請求されます。
よってアフィリエイトASPに支払うべき費用は
月額料金+アフィリエイター報酬×30%
となります。

アフィリエイト運用代業者のディレクションフィー

基本的に

  1. ASP月額費用(ASP)
  2. アフィリエイターへの支払手数料(アフィリエイター)
  3. アフィリエイターへの支払手数料×30%(ASP)

の3つの費用がアフィリエイト広告に必要な最低の費用です。

ここに「アフィリエイト広告運用代行業者」が入ることにより運用代行業者に支払う手数料も入ってきます。

これらの費用は「ディレクションフィー」と呼ばれます。

企業が直接アフィリエイトASPに登録する場合は必要ないですが
アフィリエイト運用代行業者はアフィリエイト広告を使ったマーケティング手法を熟知しており、アフィリエイト広告を使って大きく売上を上げたい場合はアフィリエイト運用代行業者に一括して任せることをおススメします。

アフィリエイト広告運用代行業者のディレクションフィーの料金体系は様々で
大きく分けると2つ存在します。

  • 月額料金のみが必要な業者
  • 月額料金と成果報酬費用が必要な業者

です。

【月額料金のみが必要な業者】

月額料金のみが必要な場合は大きなお金が必要な場合が多いです。
これらの具体的な数値は不明ですが
50万円以上~
と推測されます。
またこれらの業者はアフィリエイトASPからバックマージンをもらっていることが多いです。ただこれは正当なやり方です。

つまりASPに支払わなければならない30%のうち5%~10%はアフィリエイト運用代行業者に支払われています。こちらはおおむね5%が相場です。

【月額料金と成果報酬費用が必要な業者】

こちらの場合は月額料金が低価格な場合は多いです。相場としては
月額20万円以上~
です。
またこれらの場合アフィリエイトの成果報酬分に10%~20%程度の手数料が上乗せされます。

先ほどの式から換算すると

(50件×2,000円×30%)×20%=156,000円
となります。

上記の20%がアフィリエイト運用代行業者の手数料分です。

アフィリエイター集めのための広告費用

アフィリエイトASPに出稿したからと言って、すぐにアフィリエイターが自社商品を紹介してくれるとは言い難いのが現状です。
アフィリエイトASPによって異なりますが、アフィリエイト商品自体が5000以上も登録されているため、その中からアフィリエイターに選ばれるには様々な工夫が必要です。

そのため、アフィリエイターにいかにして知ってもらうのかが重要で、各アフィリエイトASPが用意している「アフィリエイター向け広告」を活用するのが理想的でしょう。

アフィリエイター向け広告の種類としては

  • 管理画面に掲載されるバナー
  • 商品選定時の上部に掲載されるバナー
  • アフィリエイターへのメルマガ

など数多く用意されています。

目安としては
20万円~200万円程度の予算は見ておいた方が無難です。

アフィリエイト広告の費用の計算例

これらのことをまとめるといくつかのパターンで計算することができます。
全てアフィリエイト報酬を2,000円として計算し、各パターンによってアフィリエイト効果が異なるので、件数はおおむねの予測を記載致します。

【自社のみでアフィリエイトASPに登録する場合】

アフィリエイター獲得に苦労するので月間10件程度
月額費用:50,000円
成果報酬:10件×2000円×30%=26,000円
初回月間合計:76,000円

【自社のみでアフィリエイトASPに登録し、アフィリエイター向け広告を利用する場合】

アフィリエイター獲得に苦労するので広告を使っても30件程度。
但し、徐々に件数は伸びて行きます。
月額費用:50,000円
成果報酬:30件×2000円×30%=78,000円
アフィリエイター向け広告:300,000円
初回月間合計:378,000円

【アフィリエイト運用代行業者を利用する場合】

アフィリエイター獲得はアフィリエイト運用代行業者のノウハウが生かせるので50件程度。
また、徐々に件数は伸びて行きます。
月額費用:50,000円
成果報酬:(50件×2,000円×30%)×20%=156,000円
運用代行業者フィー:150,000円
初回月間合計:350,000円

【アフィリエイト運用代行業者を利用し、アフィリエイター向け広告を利用する場合】

アフィリエイター獲得はアフィリエイト運用代行業者のノウハウが生かせるので100件程度。
また、伸びしろも大きく500件~1000件(各ASPごとに)を超えるでしょう。
月額費用:50,000円
成果報酬:(1,000件×2000円×30%)×20%=3,120,000円
運用代行業者フィー:150,000円
アフィリエイター向け広告:300,000円
初回月間合計:3,620,000円

これらの数値はあくまでも初月から3か月程度までの月額費用です。

アフィリエイターに知ってもらうための手法をどんどん駆使していけば
アフィリエイト広告経由での販売件数も増えますしアフィリエイター向け広告の予算も削減できます。
そもそもアフィリエイト広告のメリットは「成果報酬型」になるので、1件当たりのCPA(1件当たりの獲得コスト)※は低くなる傾向があります。

※参照:CPAとは

アフィリエイト広告は「いかに有力なアフィリエイターに取り扱ってもらえるか」が重要で、当面は「アフィリエイターに知ってもらうための施策」が重要になってきます。

アフィリエイト広告の効果まとめ

ではアフィリエイト広告を利用した場合、どのような効果(マーケティング成果)があるのかを見て行きます。

自社でSEO対策をする必要なし

WEBマーケティングにおいて自社商品を販売する時に、認知度を高める時、おおく用いられるのがSEO対策というものです。
自社で運営しているサイトやブログを何等かにキーワードで上位表示するための対策を行います。

SEO対策を知りたい場合はバズ部の記事がおススメです。
参照:SEO対策|検索上位を独占するために弊社が行っている36の手順

ここでは「ニキビ化粧品」を販売するとしましょう。
この場合「ニキビ化粧品 おススメ」というキーワードで自社サイトが上位表示されれば「ニキビ化粧品」を探している人に自社商品をアピールすることができます。

また「ニキビ 原因」など検索するユーザーは「ニキビに悩んでいて原因を調べている人」と推測されるので、このようなキーワードで上位表示されても商品購入が行われるかもしれません。

ただSEO対策という手法は短期間で目標達成できるものではなく、SEO対策に関する知識も必要になってきます。

そこでアフィリエイト広告を利用すればこれらの問題を解決してくれることが多いです。

アフィリエイターの多くはSEO対策という手法を勉強しており、自分で作っているサイトやブログをSEO対策で集客することが多いです。

既に「ニキビ」関連のキーワードで上位表示しているサイトにアフィリエイトしてもらうことによって、自社でSEO対策する必要がなくなります。

ポジティブな口コミが生まれやすい

インターネット上では様々な口コミが掲載されていますが、アフィリエイト広告を利用している企業は比較的ネガティブな口コミが掲載されることが少ないです。

なぜならアフィリエイターはSEO対策能力が高く、アフィリエイトする商品のポジティブな意見がかかれたページが上位にきやすいからです。

ネガティブな口コミというのは、利用者がクレームの意味も込めて自分のブログ等で書いているわけですが、一般利用者は何かのキーワードで上位表示して悪い口コミを広めようと思っているわけではありません。

よってSEO対策されているサイトは少ないので、多くのアフィリエイターがアフィリエイトしてくれることによって、アフィリエイターの商品のポジティブな評価やレビューが増えてきて、自然とポジティブな口コミが上位表示されるのです。

リスティングもアフィリエイターが行ってくれる

またアフィリエイターはSEO対策だけで集客しているわけではなく、様々な手法を使って集客しているのですが、SEO対策に次いで多いのがリスティング広告です。

参照:リスティング広告とは|今更聞けないリスティング広告の基礎

リスティング広告は商品が売れても売れなくてもクリックごとに課金されてしまい、業種によってはCPAが高くなる傾向にあります。

ですが、これらのリスティング広告をアフィリエイターが積極的に行ってくれるので、自社で行うリスティング費用を大きく削減できる場合もあるのです。

体験談サイトなどでユーザーが納得してくれる

アフィリエイターは商品紹介だけでなく、実際に商品を購入し、使ってみた体験談を掲載している人も多くいます。
以下のように実際に企業訪問してインタビューしているアフィリエイトサイトもあります。
以下のサイトは弊社が運営するアフィリエイト会員サービス「ALISA」の会員様のサイトです。

参照:野菜宅配まとめサイト | 野菜宅配を10社以上購入した体験談

特に美容関連のサンプル商品などは
アフィリエイターが自腹で購入し実際に使用して、手ざわり、香り、効果などを記事にしてくれます。

このような体験談サイトは購入しようかどうか迷っている人に好評で購入の後押しをしてくれる役割もはたしてくれます。

濃いリストが集まる

これらのアフィリエイターの正当な集客方法により、アフィリエイター経由で購入されたユーザーの質が良いというのもアフィリエイト広告の魅力の1つでもあります。

特にアフィリエイト経由で「本商品」を購入させるのではなく「サンプル商品」の販売をしている企業には最高の魅力と言っても良いでしょう。

例えば、雑誌広告やメルマガ広告の場合、興味なかったユーザーが広告を見て
「サンプル商品だから一度買ってみるか」というようなモチベーションで購入することが多いです。

しかしアフィリエイターの集客方法は
「お悩みキーワード」と言われるキーワードから集客をし、しっかりとアフィリエイトサイトで悩み解決となる情報を提供したうえで、商品紹介をします。

また体験談レビューなどの掲載を行い、ユーザーを納得させた上で購入させることが多いので、サンプル商品を購入するユーザーも「悩んだうえで購入」「しっかり商品を理解した上で購入」していることが多いため、その後の本商品購入へのステップアップがしやすいのです。

こういった意味からかなり大多数の美容健康商品がアフィリエイト広告を利用しているのです。

まとめ

・成果報酬型の広告なのでCPAが比較的低い
・ただし初期段階ではアフィリエイターに知ってもらうための投資が必要
・集客活動の大部分をアフィリエイターが行ってくれる
・意欲が高くリピーターになってくれそうなユーザーを誘導してくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*