WordPress関連コラム  2020.11.16

ブログの書き方は6ステップ!読みやすいブログにするポイントも解説

「多くの人に読んでもらえるブログの書き方が分からない」とお悩みですね。

ブログは、読者目線を意識することで読みやすい記事になります。

自分の書きたいことだけを記事にすると、日記のようなブログになりかねません

今回は、多くの人に読まれるブログにするための書き方をご紹介します。

ブログの書き方を知って、利益を上げられるよう頑張りましょう!

目次

ブログの書き方で一番大切なのは読者目線を意識すること!

ブログは、読者目線を意識すると読みやすい記事を書けます。

なぜなら、読者の悩みを解決する内容の記事を書くと読まれるブログになるからです。

読者は何を知りたいのか、どうなりたいのかなど、読者目線で記事を考えて下さい。

自分の書きたいことだけを書くと、ただの日記になってしまいます。

よほど面白い内容でない限り、日記のようなブログを多くの人に読んでもらうのは難しいです。

しかし、読者目線を意識することで、たくさんの人に読まれるようになります。

ここまで読んで読者目線を意識すべきと分かっても、実際の書き方が分からないですよね。

次に、ブログを書くときの手順を詳しくご紹介します。

ブログの書き方は6STEPで進めよう

ブログを書くときには、書き方の手順を知っているとスムーズに進められます

読者目線を意識したブログにするために、以下の6STEPで書き進めて下さい。

  • ブログのネタを決める
  • キーワードを決める
  • キーワードで検索する人の悩みを考える
  • 検索する人が知りたいことを見出しにする
  • それぞれの見出しについて本文を書く
  • タイトルを決める

順番に、詳しく確認しましょう。

STEP1.ブログのネタを決める

まずは、ブログのネタを決めましょう。

自分の興味のあることや、知識のある分野のことをネタにすると書き進めやすくなります。

例えば、旅行が趣味なら観光地やホテルを紹介しても良いでしょう。

銀行で働いているなら、お金の知識を解説するブログにしても良いです。

ネタにできそうでも、自分が興味のないことを書くのはおすすめしません。

ブログを書くこと自体がしんどくなってしまいます。

始めに書くブログのネタは、自分の好きなことをテーマにしてみて下さい。

STEP2.キーワードを決める

ブログのネタを決めたら、キーワードを決めていきましょう。

なぜなら、ブログを読む人の多くはキーワード検索からたどり着くからです。

まずは、一番大きいキーワードを決めます。

例えば、旅ブログのキーワードなら「旅行」です。

一番大きいキーワードを元に、派生する関連キーワードをピックアップします。

関連キーワードの検索は、「ラッコキーワード」という、無料のキーワードリサーチツールを利用すれば簡単です。

ラッコキーワードで「旅行」を検索すると、関連キーワードがたくさん表示されます。

それぞれの関連キーワードについて、1記事ずつ書いていって下さい。

STEP3.キーワードで検索する人の悩みを考える

キーワードが決まったら、そのキーワードで検索する人の悩みを考えましょう。

検索する人は、何か知りたいことがあってキーワード検索をしています。

例えば、「旅行 持ち物」のキーワードで記事を書くとします。

検索する人がどのようなことで悩んでいるか知るために、実際に検索をかけてみて下さい。

検索結果で上位表示されているほど、読者のニーズを満たしている記事です。

「旅行 持ち物」のキーワードなら、読者は「安心して旅行するために必要な持ち物を知りたい」と考えています。

実際にキーワード検索をかけることで、検索する人の悩みを知ることができるのです。

STEP4.検索する人が知りたいことを見出しにする

検索する人の悩みが分かったら、見出しを作成します。

見出しで言いたいことが伝わるよう、記事の構成を考えていきましょう。

キーワードで検索して上位記事をチェックして下さい。

例えば、「旅行 持ち物」なら、検索する人は以下のようなことを知りたいと思っています。

  • 旅行に必須の持ち物
  • 必須ではないけどあると便利な持ち物
  • 旅行が楽しくなる持ち物
  • 旅行の持ち物を準備するコツ

見出しの上の方に検索する人の知りたいことを持ってくるのがコツです。

検索する人の知りたいことを見出しにして、読みやすい記事構成にしましょう。

STEP5.それぞれの見出しについて本文を書く

見出しが出来上がったら、いよいよ本文を書いていきましょう。

それぞれの見出しについて、具体的な内容を書いていきます。

本文は見出しに沿った内容を書くように心がけて下さい。

詳しい文章のテクニックは、後ほどご紹介します。

STEP6.タイトルを決める

最後に、記事のタイトルを決めましょう。

タイトルをきちんと決めることで、検索する人が記事を見つけやすくなります

記事のタイトルには、STEP2で決めたキーワードを入れて下さい。

キーワードが「旅行 持ち物」なら、「旅行に必須の持ち物10選!荷物を準備するコツもご紹介」のようなタイトルを付けられます。

記事のタイトルにキーワードを入れることで、検索結果に表示されやすくなるのでおすすめです。

誰でもできる!読まれるブログ記事の3つのテンプレート

記事を書くときには、テンプレートを知っておけば読みやすい記事を効率良く書けます

読まれる記事のテンプレートは、以下の3つです。

  • 導入文で結論を伝える
  • 見出しで読者が知りたいことを伝える
  • まとめでもう一度結論を伝える

それぞれのテンプレートについて、詳しく確認していきましょう。

テンプレート1.導入文で結論を伝える

記事の結論は、導入文で伝えましょう。

なぜなら、読者はまず悩んでいることの結論を知りたいからです。

導入文は、最初の見出しに入る前の説明のことを言います。

記事を読み始める読者に向けて、内容を伝えることが導入文の役割です。

最初に結論を伝えると、後に続く見出しの内容をより理解できるようになります。

テンプレート2.見出しで読者が知りたいことを伝える

読者の知りたいことを見出しで伝えられるよう、意識して作成しましょう。

見出しを見ても書いている内容が想像できないと読み進めにくいからです。

「旅行に必須の持ち物10選」のような、理解しやすい見出しにして下さい。

また、見出しはそのまま記事の目次になります。

見出しに番号を付けて、見やすくなる工夫をするとなお良いです。

見出しを意識すると、構成のまとまった読みやすい記事になります。

テンプレート3.まとめでもう一度結論を伝える

最後のまとめで、繰り返し結論を伝えて下さい。

結論を再度伝えることで、内容が読者の印象に残りやすくなるからです。

まとめは、見出しの一番最後に作ります。

導入文で伝えた結論をまとめでもう一度伝えて、記事の内容をより深く理解してもらいましょう。

ブログの文章の書き方として意識したい4つのテクニック

ブログを書き始めたばかりは、どう書いていけばいいのか悩みますよね。

文章の書き方のテクニックは、以下の4つです。

  • PREP法で説得力のある文章にする
  • 一文は簡潔にまとめる
  • 分かりやすい表現にする
  • 語尾は続けないように意識する

読みにくい文章を書くと、読者は記事を読むことをやめてしまいかねません。

それぞれのテクニックについて、詳しく確認していきましょう。

テクニック1.PREP法で説得力のある文章にする

文章を書くときには、PREP法を意識して下さい。

PREP法を知っておくと、説得力のある文章を簡潔に書けます。

PREPの意味は、以下の通りです。

  • P=Point(最も伝えたい結論)
  • R=Reason(結論に対する理由)
  • E=Example(具体例)
  • P=Point(結論の繰り返し)

最初に結論を伝えることで、何についての話かを明確にします。

そして、次に提示するのが結論に対する理由と具体例です。

最後に、もう一度結論を伝えて締めくくります。

PREP法に従って文章を作成すると、記事の内容が伝わりやすいです。

テクニック2.一文は簡潔にまとめる

一つの文章は、長くならないよう気を付けましょう。

長くなると、何を言いたいのか分かりづらく読んでいて疲れます。

相手に伝わりやすい一文の目安は、およそ40文字です。

一文が長くなりすぎる場合は、分割して下さい。

「が」のような接続助詞が続く場合は、一度文章を終わらせます。

そして、次の文章を「しかし」や「また」などの接続語で始めて下さい。

読みやすい文章にするには、一文を簡潔にしましょう。

テクニック3.分かりやすい表現にする

文章には、分かりやすい表現を使いましょう。

なぜなら、普段使わないような言葉を使うと、読者は読みにくいと感じてしまうからです。

例えば、「切磋琢磨」や「一石二鳥」など普段使う四字熟語は読者も理解できます。

しかし、「明眸皓歯(めいぼうこうし)」と書かれていてもどういう意味か分かりにくいですよね。

日常会話で使うレベルの言葉を選んで下さい。

テクニック4.語尾は続けないように意識する

文章の語尾は続けないよう意識して下さい。

語尾を続けると単調になり、読みにくく感じてしまうからです。

語尾を続けている文章として、以下のような例文が挙げられます。

「今日の空は青いです。太陽がまぶしいです。みんな元気です。」

語尾に「です」が続くので、単調な表現になっていますよね。

語尾を続けないよう変えた文章は、以下の通りです。

「今日の空は青いです。太陽がまぶしく輝いています。みんな元気です。」

語尾を続けないよう変化させたことで、リズムが生まれて読みやすくなりました。

このように、語尾を続けないよう意識すると、読みやすい記事が書けます。

読みやすいブログの書き方は7つのポイントをおさえよう

多くの人に読まれるブログにするためには、読みやすい記事を書く意識を持ちましょう。

読みやすいブログにするポイントは、以下の7つです。

  • 結論は最初に伝える
  • 一文ごとに改行する
  • 見やすいように装飾を入れる
  • 見出しごとに画像を挿入する
  • スマホの表示を意識する
  • 記事を書いた次の日に読み返す
  • 自分の実体験を書く

これらを意識することで、記事の内容が読者に伝わりやすくなります

それぞれのポイントについて、詳しく確認しましょう。

ポイント1.結論は最初に伝える

結論は最初に伝えて、読者の悩みを解決してあげましょう。

なぜなら、読者は結論を最初に提示してもらえることで、記事の内容を理解しやすくなるからです。

まず、導入文で記事内容の結論を伝えます。

そして、見出しごとに最初の一文で結論を伝えて下さい。

最初に結論を伝えることで、読者に記事内容を理解してもらいやすくなります。

ポイント2.一文ごとに改行する

文章は、一文ごとに改行しましょう。

改行することで区切りが明確になり、読みやすくなります

改行のない文章の例としては、以下の通りです。

「多くの人に読んでもらえるブログの書き方が分からない」とお悩みですね。ブログは、読者目線を意識することで読みやすい記事になります。自分の書きたいことだけを記事にすると、日記のようなブログになりかねません。

区切りが分かりづらく、読みにくいですよね。

また、一行あたりの文字量が多く、読むことに疲れてしまいます。

一文ごとに改行した文章は、以下の通りです。

「多くの人に読んでもらえるブログの書き方が分からない」とお悩みですね。

ブログは、読者目線を意識することで読みやすい記事になります。

自分の書きたいことだけを記事にすると、日記のようなブログになりかねません。

区切りが分かりやすく、かなり読みやすくなりました。

このように、一文ごとに改行することですっきりとした読みやすい記事になります。

ポイント3.見やすいように装飾を入れる

本文が完成したら、文字に装飾を入れましょう。

というのも、適度に装飾がある方が読みやすいからです。

装飾は、赤文字、太文字、マーカーなどがあります。

見出しごとに1〜2箇所程度、文章のまとまりで装飾を入れて下さい。

特に強調して伝えたい部分に装飾を入れます。

装飾を入れた例は、以下の通りです。

ブログは、読者目線を意識すると読みやすい記事を書けます。

なぜなら、読者の悩みを解決する内容にすることで読まれるブログになるからです。

ブログを読む人は何を知りたいのか、どうなりたいのかなど、読者の悩みを解決する記事にする意識を持って下さい。

このように、文字に装飾を入れることでより読者に伝わりやすい記事となります。

ポイント4.見出しごとに画像を挿入する

見出しごとに画像を挿入して、記事全体にメリハリをつけましょう。

なぜなら、画像を挿入すると見出しの区切りが分かりやすくなるからです。

見出しに合った画像を使用すると、内容が伝わりやすくなるメリットもあります。

全ての見出しに画像を挿入することが大変であれば、大見出しだけに入れても大丈夫です。

必須ではありませんが、画像を挿入することで読みやすい記事になります。

ポイント5.スマホの表示を意識する

本文を書くときは、スマホの表示を意識しましょう。

というのも、画面が小さく表示できる情報量も限られているからです。

特に、一文が長い、改行がないなど、スマホで複数行に渡って表示されると読みにくく感じてしまいます。

記事を書き終えたら、スマホで読みにくくなっていないか確認することを習慣にして下さいね。

ポイント6.記事を書いた次の日に読み返す

記事を書き終えたら、次の日に読み返してみましょう。

次の日に落ち着いて記事を読むと、誤りに気付きやすいからです。

記事を書き終えた日は、出来上がった達成感でそのまま公開してしまいがちになります。

しかし、冷静になって読み返すと、誤字脱字は意外とあるものです。

書き終えたらすぐに公開せず、次の日に落ち着いて読み返して下さい。

ポイント7.自分の実体験を書く

自分の実体験をおりまぜて記事を書きましょう。

なぜなら、実体験があると説得力のある記事になるからです。

例えば「旅行 持ち物」の記事なら、「自分が旅行に持って行って盛り上がった物」を経験として書くと説得力が増します。

自分の実体験を書くことで、読者により伝わりやすい記事になります。

たったこれだけ!ブログの書き方を上達させる3つのコツ

せっかくブログを書くなら、早く上達したいですよね。

ブログの書き方を上達させるコツは、以下の3つです。

  • ブログを書くことを習慣にする
  • 読者が知りたいことを意識して書く
  • 人気があるブログを読んで参考にする

書き方が上達すると、読みやすいブログを早く書けるようになりますよ

それぞれのコツについて、詳しく確認しましょう。

コツ1.ブログを書くことを習慣にする

まずは、ブログを書くことを習慣づけることを目標にします。

というのも、ブログが続かないと読者を増やせないからです。

毎日更新する、週に3回更新するなど、目標を決めて書き続けて下さい。

続けることで習慣になり、文章力も上がっていきます

特に始めた頃は、書くこと自体が苦手で挫折する人も多いです。

ブログを書くことを習慣にして、続けることを大切にして下さい。

コツ2.読者が知りたいことを意識して書く

読者の知りたいことを書けているか、常に意識します。

なぜなら、ブログを始めた頃は自分の書きたいことを書きがちだからです。

読者のニーズを把握するために、キーワードを決めて読者のニーズをリサーチすることが大切となります。

記事を書き終えたら、読者目線で記事を読んでみて下さい。

読者のニーズに応えられているか、再確認しましょう。

読者目線の分かりやすい記事を書けるようになります。

コツ3.人気があるブログを読んで参考にする

人気のあるブログを参考にすると早く上達します。

人気のあるブログはさまざまな工夫を行っているものです。

全体のデザイン、言葉の使い方、画像の入れ方など、参考になりそうな部分をマネしましょう。

ただし、完全に同じにしてはいけません。

コピーサイトとして認識されてしまいます。

複数のブログを参考にして、自分に合った部分を取り入れて下さいね。

気を付けよう!ブログ初心者がやりがちな5つの失敗

「ブログを続けているのになかなか上達しない」場合は、間違ったやり方をしているかもしれません

ブログ初心者がやりがちな失敗は、以下の5つです。

  • いきなり本文を書く
  • 自分が書きたいことを書く
  • 結論がなくて分かりにくい
  • 一文が長くて読みにくい
  • 装飾を入れすぎて見にくい

5つの失敗に当てはまるなら、ブログの書き方を見直してみましょう。

それぞれの失敗について、詳しく解説していきます。

失敗1.いきなり本文を書く

リサーチを行わずいきなり本文を書くと、読者のニーズを満たせる記事は書けません。

ブログを書くときは、まずキーワードでリサーチを行って下さい。

実際にキーワードで検索をかけて、読者のニーズを把握します。

次に、見出しを考えて読者に分かりやすい記事構成を作って下さい。

見出しを作り終えたら、ようやく本文を書き始めます。

このように、本文の作成はリサーチと見出しの構成が重要です。

失敗2.自分が書きたいことを書く

自分が書きたいことを書くだけだと、読まれるブログになりません。

ブログのテーマを決め、キーワードを選定して読者の悩みを解決できるような記事を書くことを意識して下さい。

自分の書きたいことを書いて読まれるのは、芸能人や有名人のブログだけです。

読まれるブログにするために、読者目線で記事を書きましょう。

失敗3.結論がなくて分かりにくい

結論がないと、読者の悩みを解決できません。

記事を読んでもどう行動すればいいか分からないからです。

いくつかの選択肢を提示しても、結局どれを選べばいいのか分からないと悩んだままになりますよね。

例えば「このような人におすすめ!」と書いていれば、読者はその選択肢を選べるようになるのです。

結論をはっきりと提示して、読者が行動に移せるようにしてあげて下さい

失敗4.一文が長くて読みにくい

一文が長いと、読者は記事を読むことをやめてしまいます。

よほど興味のある内容でないと、一文ずつ読まないからです。

多くの読者は記事を流し読みします。

一文が長いと流し読みしにくく、読み疲れてしまうのです。

長くなりすぎないよう、文章を区切ったり、一文ずつ改行を入れたりしましょう。

失敗5.装飾を入れすぎて見にくい

文字の装飾は、入れすぎると見にくくなってしまいます。

流し読みする読者は、装飾されている箇所を重点的に読む傾向にあります。

1つの見出しに対しての装飾は、多くても2箇所にしましょう。

装飾を入れすぎると、読者はどこが重要なのか分かりにくいです。

特に重要な箇所だけに絞って装飾して下さい。

ブログの書き方に慣れたら挑戦したい2つの上級編テクニック

ブログを書くことに慣れてきたら、上級編のテクニックに挑戦してみて下さい。

挑戦したいテクニックは、以下の2つです。

  • SEOを意識する
  • リライトする

これらのテクニックを取り入れることで、より多くの人に読んでもらえるブログになります。

それぞれのテクニックについて、詳しく確認しましょう。

上級編1.SEOを意識する

SEOを意識して記事を書くと、ブログの読者を増やせます。

なぜなら、検索結果に上位表示されやすくなるからです。

検索結果に上位表示される記事はクリックされやすいため、多くの人に読んでもらえます。

SEO対策として挙げられるのは、以下の取り組みです。

  • 見出しにキーワードを含める
  • パーマリンクを記事の内容と一致させる
  • ディスクリプションを設定する
  • 関連ページのリンクを貼る

一番大切なことは、検索する人の利便性を考えることです。

役に立つ記事だと評価されれば、上位表示されるようになっていきます。

より多くの人に読んでもらうための取り組みとして、SEOを意識してみて下さい。

上級編2.リライトする

記事をリライトすると、記事の質を高めることができます。

リライトとは、以前公開した記事を書き直すことを言います。

古い情報を更新したり、新しい情報を取り入れたりして記事をブラッシュアップすることが目的です。

リライトを行うと記事の質が高まり、検索結果に上位表示されることにも繋がります。

結果的にブログの読者を増やせるのです。

書き慣れて記事数が増えてきたら、リライトにも挑戦してみましょう。

まとめ

ブログを書くときには、読者目線で書くことを意識して下さい。

読者の悩みを解決する記事を書くことが大切です。

読みやすいブログにするためのポイントを意識すると、より読者に伝わる記事になります。

ブログの書き方をマスターして、たくさんの人に読まれるブログを書きましょう!