SEO対策関連

Google Speed Updateについて。サイト表示スピードを上げる工夫、下がる原因。

「Google Speed Update」が話題になっています。
このアップデートは「あまりにも遅いとSEO的に良くないよ」というものですので、標準的な表示スピードを維持できるのであれば、それほど心配する必要はありません。

しかし、サイトの表示スピードが遅いとユーザーの直帰につながりますので、自分のサイトの表示スピードが遅いなと感じている場合は、参考にして頂き、対策をしてください。

今回は「やけに」表示スピードに拘っているmixhostというサーバー会社の伊丹さんにお話を聞いてきました。

伊丹さんはかなりマニアックな人でして「サイト表示スピード」について1つ質問すると10個も20個も答えが返ってくる「いい意味でうざい」人ですが、参考になるかと思います。笑

【予めご了承くださいPART1】
なお「最適なレンタルサーバーを選ぶ方法」の箇所は取材元のmixhostが全て対応しているので「広告っぽい」と感じるかもしれません。
ただそれはmixhostが表示スピードや処理回数にこだわりを持っているから対応しているだけで、その辺りだけ予めご了承ください。

【予めご了承くださいPART2】
記事は伊丹さんに取材したものを弊社が加筆修正しております。また今回の記事は多くのアフィリエイターが使っているWordpressに特化しております。

続きを読む

【Google記事翻訳】大きい記事作れ!記事分けるな!

今回は以下の記事を翻訳致しました。
参考になれば幸いです。
https://www.seroundtable.com/google-stronger-page-smaller-pages-25579.html

  

グーグルが多くの小記事より、少数の大記事を好むその理由は

以前からアナウンスされている通り、基本的にグーグルは

少数の大きい記事>多数の小さい記事

という評価をしております。

詳しく説明すると、この大きいページをいくつかの小さいページに
分裂させてしまう場合、グーグルが記事のターゲット及び意義を理解する事が難しくなるからです

例えば、一つの大きな記事を項目ごとに4記事に分裂させる場合、
ユーザーは一つの内容を理解するために4回も別の記事を見る手間がかかります。

逆に、大きな一つの記事を作る事によって、自ずとトピックの意義が明快になます。
また、規模も大きくなることから、目次の項目が増え、あらゆるユーザーのニーズにマッチするという結果につながります。

つまり、目次の項目ごとに記事を分裂させる事によって、グーグル側のとしては記事の目的が
理解しにくくなるので、それを回避するためにも、一つの大きな記事を作る事が
グーグルからの評価を下げないポイントとなるのではないでしょうか。

医療、健康系のGoogleアップデートについての考察と個人的に感じていること。

2017年12月6日、Googleウェブマスター向け公式ブログにて「医療、健康」系のアップデートが行われたことが発表されました。

https://webmaster-ja.googleblog.com/

これを受けまして、Googleのアフィリエイトサイトへの認識が「間接的」に変わったと受け止めており、今後アフィリエイターがどのような行動を取るべきなのかを考えるいいきっかけになったのではないでしょうか。

この記事は「過去のアップデート」「過去の出来事(ウェルク問題など)」「世論」「Googleサーチクオリティチーム退職者の個人的な意見」「アップデート後の各方面の意見」などから推測しているものに過ぎないものであること予めご了承ください。

続きを読む

アフィリエイト再開して月150万突破したので大事なことをシェアしたいです。(ペンギン4.0にも触れます。)

広告主さん、ASPさんのおかげで今月9月150万円を突破できました。

また実績でシェアします。

アフィリを再開して自分が教えてきた内容をきちんと実践して、収益を上げれていることにホッとしているのですが、やっぱり自分自身で作業に取り組んでみると

・そうやそうや!これ大事やな!

続きを読む

人気の共用レンタルサーバーの表示スピードと処理回数を検証して比較してみた

ALISA会員さんへのセミナーや、フェスティボのSEOキャンプ、その他のセミナー等で

「そんなにサーバーなんてこだわらなくてもいい!」
「とりあえずエックスサーバーでも使ってればいい!」
「コンテンツが良かったらマジで上がってくるから!」

と熱弁をふるったとしても

セミナーの最後には
「おすすめのサーバーってありますか?SEOの観点で。。。」

とかいう質問が出てくるので

続きを読む

はてなブログでアフィリエイトしてる人を困惑させた「はてなショック」をSEOの観点で考察し保存。【自社保存用】

はてなショック

2016年4月26日にはてなブログを使っていた多くのブログの検索順位に変動が起こった問題。

各所セミナーをしていても
「はてなブログがペナルティを受けましたがどう思いますか?」
という質問が多く出たので、検証し、自社用に保存しておきたいと思います。

またこの記事は特定のALISA会員さん(3人くらい。笑)、弊社スタッフ&僕が見返すための記事なので装飾とか、言い回しとか画像入れとか、誤字とか全然気にすることなく書きますので読みにくいです。

あとこの記事を読まれた方、この記事で書かれていることが正しい!!ということは保証できないのでその点もご了承ください。

続きを読む

Googleが嫌う7つのコンテンツ特徴を知り内部ペナルティを避ける

・なぜか上位表示しない
・イイところまで行くが上がりきらない
・上位表示した後に内部ペナルティを受ける
・上位表示した後に順位が一気に下がる

そういう経験のあるアフィリエイターさんに抜けて記事を書きたいと思います。

Googleが嫌う基準のまとめ方

この記事を書くにあたって参考にしたもの、実践したもの、実践をするにあたって参考にしたものは以下の通りです。
・Googleが掲げる10の真実
・ウェブマスター向けガイドライン
・Googleアドセンスポリシー
・Googleアドワーズポリシー
・サーチクオリティチームの過去の証言
・アドセンス担当チームの証言
・自社検証サイトでの実践内容(弊社メディアのニチイロやナレッジスペースなど)
・自社サイト(当サイト)での実践内容
・ALISA会員さんのサイト状況や順位検証

では早速見て行きたいと思います。

続きを読む