アフィリエイター向け  SEO対策関連  2016.8.17

人気の共用レンタルサーバーの表示スピードと処理回数を検証して比較してみた

ALISA会員さんへのセミナーや、フェスティボのSEOキャンプ、その他のセミナー等で

「そんなにサーバーなんてこだわらなくてもいい!」
「とりあえずエックスサーバーでも使ってればいい!」
「コンテンツが良かったらマジで上がってくるから!」

と熱弁をふるったとしても

セミナーの最後には
おすすめのサーバーってありますか?SEOの観点で。。。

とかいう質問が出てくるので

(セミナー中に言うたやん。エックスサーバー使ってたらええって言うたやん)

と心の中で思いながら、回答するのが、そろそろしんどくなってきたので

アフィリエイターとかSEOの人にとって

ガチでいいサーバーってあるの?

っていう疑問に対してちゃんと検証してみて、記事にしてアップしておきます。

アフィリエイターさんの参考になれば幸いです。

 

目次

1.検証の前提条件


レンタルサーバーなんて山ほどあり、値段も使いやすさも色々ありますので今回は

弊社のALISA会員さんが使えそうなサーバー(価格と使いやすさ)

というサーバーで検証しました。

候補にあがったレンタルサーバー

上記の使いやすさと価格的な観点から、以下のサーバーで実施しました。

  • エックスサーバー
  • ヘテムル
  • さくらのレンタルサーバー
  • お名前サーバー
  • ロリポップ
  • MixHost (アダルトOK)
  • FUTOKA (アダルトOK)
  • KAGOYA (アダルトOK)
  • GMOクラウド (アダルトOK)

なお、上記「アダルトOK」と記載のものについてですが単純に「アダルトサイトも運用可能だよ」という意味です。

その記載がないものはアダルトサイトNGとなります。

またご紹介しているサーバー全てA8でアフィリできます!

そして検証するものは「表示スピード」と「処理回数」とします。

表示スピード

「表示スピード」が早ければSEO的にも良いと言われていますし(多少ですが。笑)

ユーザーの直帰率が下がりアフィリエイト収益に関係してくるからです。

1秒あたりの処理回数

「処理回数」についてはSNS等でバズったときにエラーにならないためや、アクセス数が増えてきた時に、レンタルサーバーでも耐えれるのかどうかということを見極めたいからです。

免責事項

※全て共有サーバーの検証のため、収容されているサーバー状況によって結果が異なることも考えられます。

※1秒あたりの処理数は試験で一時的に出した数値であり、常に限界近い数値を出したり、常に試験を繰り返すような行為はサーバー会社にとって負荷がかかることなので追い出される可能性があります。予めご注意ください。

では早速見て行きましょう。

 

2.【Wordpress編】表示スピードランキング


全てのサーバー同じ条件、テンプレートで、60記事程度入ったWordpressサイトを構築し表示スピードを計測しました。

また基本的に一番使いやすい1,000円前後のスタンダードなプランを対象としています。

1位 MixHost (スタンダードプラン)

表示スピード平均:0.838秒

1回目:0.848秒
2回目:0.866秒
3回目:0.846秒
4回目:0.868秒
5回目:0.815秒
6回目:0.767秒
7回目:0.837秒
8回目:0.856秒
9回目:0.839秒
10回目:0.834秒

スーパー意外な結果だったのですが、MixHost (スタンダードプラン)が平均値で第1位でした。

ちなみにちょっとおもしろくなったので、「エコノミープラン」でも実験してみましたが表示スピードの平均が「0.889秒」と2位の記録でした。(会社が同じなので割愛)
 

2位 KAGOYA (S20 プラン)

表示スピード平均:1.048秒

1回目:0.999秒
2回目:1.172秒
3回目:1.234秒
4回目:0.995秒
5回目:1.039秒
6回目:0.983秒
7回目:0.959秒
8回目:1.063秒
9回目:0.998秒
10回目:1.042秒

KAGOYAのサーバーも2009年あたりからグングン成長している企業さんです。

ちなみに社長さんは同志社大学の方で、僕も学生時代に一度だけビジネスプランコンテストを通じてお会いしたことがあります。(おそらく社長さん、覚えてないと思いますが。笑)

僕も過去にアダルトサイトを作ってアフィリしていた時はKAGOYAさんを利用させていただいてました!
 

3位 エックスサーバー (X10 プラン)

表示スピード平均:1.188秒

1回目:1.285秒
2回目:1.373秒
3回目:1.174秒
4回目:0.971秒
5回目:1.380秒
6回目:1.035秒
7回目:1.085秒
8回目:1.023秒
9回目:1.164秒
10回目:1.389秒

やはり安定のエックスサーバーですね。

管理画面も使いやすいですし、僕も複数サイトを運用しているサーバーです。

今まで、僕もセミナー中にエックスサーバーをごり押ししてきただけあります。(1位じゃなかったのはちょっと申し訳ない気分ですが。笑)
 

4位 FUTOKA (スタンダード)

表示スピード平均:1.267秒
 

5位 ロリポップ (スタンダード)

表示スピード平均:1.283秒
 

6位 さくらのレンタルサーバー (スタンダード)

表示スピード平均:1.316秒
 

7位 ヘテムル

  • 月額:1,000円~(ただし36か月以上の利用)
  • 公式サイト:https://heteml.jp/
  • A8自己アフィリ:あり

表示スピード平均:1.316秒
 

8位 お名前サーバー (SD-11)

表示スピード平均:1.818秒
 

9位 GMOクラウド (ミニ)

表示スピード平均:2.499秒


 

3.【Wordpress編)処理回数ランキング

1位 MixHost (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:30.54回

表示スピードに続いて2冠達成。
こっちもかなり意外な結果でした。

 

2位 エックスサーバー (X10)

1秒あたりの処理回数:26.38回

やはり安定のエックスサーバー。
過去に数回バズってますが落ちたことありません。

 

3位 KAGOYA (S20)

1秒あたりの処理回数:25.72回

表示スピード2位、処理回数3位とかなりの好成績!!

 

4位 ヘテムル

1秒あたりの処理回数:16.51回

表示スピード7位の名誉挽回達成!
ヘテムルもよいサーバーですよね。

 

5位 GMOクラウド (ミニ)

1秒あたりの処理回数:6.18回

表示スピードはMixHostの3倍かかりましたが、処理回数で挽回か!?
ただ4位以降の成績ががくんと落ちてしまいます。。。

 

6位 さくらのレンタルサーバー (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:4.84回

表示スピードにつづき6位に!

 

7位 ロリポップ (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:4.22回

安いのにロリポップスタンダードが奮闘中。

 

8位 お名前サーバー (SD-11)

1秒あたりの処理回数:3.31回

表示スピード、処理回数ともに気になるところですね。。。

 

9位 FUTOKA (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:1.80回

表示スピードで健闘しただけに、少し残念な結果に。。。

 

4.【HTMLサイト編】表示スピードランキング


アフィリエイターの人はシリウスというHTMLテンプレートを使っている人が多いので、シリウスのデモサイトをサーバーに入れて検証してみました。
参考サイトシリウスのデモサイトhttp://sirius-html.com/sample01

1位 さくらのレンタルサーバー (スタンダード)

表示スピード平均:0.373秒

1回目:0.394秒
2回目:0.493秒
3回目:0.453秒
4回目:0.390秒
5回目:0.343秒
6回目:0.344秒
7回目:0.322秒
8回目:0.309秒
9回目:0.355秒
10回目:0.326秒

さくらのレンタルサーバーが汚名返上です。
やはりレンタルサーバーの老舗は強かった!

 

2位 MixHost (スタンダード)

表示スピード平均:0.427秒

1回目:0.438秒
2回目:0.426秒
3回目:0.423秒
4回目:0.432秒
5回目:0.430秒
6回目:0.419秒
7回目:0.421秒
8回目:0.427秒
9回目:0.431秒
10回目:0.424秒

ここまでいくと「意外なMixHost」ではなく「安定のMixHost」ですね。笑
こちらもエコノミープランの表示スピード平均が「0.429秒」と3位に入りましたが同じ企業のため割愛。

 

3位 エックスサーバー (X10)

表示スピード平均:0.448秒

1回目:0.438秒
2回目:0.440秒
3回目:0.460秒
4回目:0.448秒
5回目:0.458秒
6回目:0.450秒
7回目:0.443秒
8回目:0.425秒
9回目:0.494秒
10回目:0.422秒

さすがエックスサーバー!HTML部門でも3位に入ってきました!

4位 FUTOKA (スタンダード)

表示スピード平均:0.482秒

アダルトサイトはHTMLで作っている人もいるので、FUTOKAを使っている人も納得の結果ではないでしょうか。
 

5位 KAGOYA (S20)

表示スピード平均:0.517秒

WordPress表示スピード2位、処理回数3位のKAGOYAさんが若干順位を落としてしまいました。
 

6位 ヘテムル

表示スピード平均:0.541秒

ヘテムルさんは表示スピードこそ遅いモノの、HTMLでは驚愕の数値をたたき出しているので注目です。
 

7位 ロリポップ (スタンダード)

表示スピード平均:0.584秒

格安サーバーなのに、全ての結果でビリじゃないところが凄いです。
 

8位 GMOクラウド (ミニ)

表示スピード平均:0.610秒

少し0.5秒を下回ってしまったので不安ですね。
 

9位 お名前サーバー (SD-11)

表示スピード平均:0.679秒

WordPress処理スピード8位、処理回数8位、HTML処理スピード9位と少し結果が振るっていません。


 

5.【HTMLサイト編】処理回数ランキング


HTMLサイトでバズらせることほとんどないと思いますが、一応検証しておきます。

1位 ヘテムル

1秒あたりの処理回数:8832.59回

圧倒的な首位です。
ヘテムルを使う時はHTMLサイトで使うのが良いのかも?
 

2位 ロリポップ (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:2808.18回

意外な結果です!ロリポップがなんと2位です!
もしペラページでとにかく安く使いたい!と言う場合はロリポップでいいかもしれません。
 

3位 さくらのレンタルサーバー (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:1616.16回

HTML部門表示スピードで1位のさくらが処理回数でも3位に!
HTMLサイトに強いのかもしれませんね。
 

4位 MixHost (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:1333.33回

今回の検証で初めて3位以下になりました。
 

5位 エックスサーバー (X10 )

1秒あたりの処理回数:920.04回

こちらのMixHostと同様に初めて3位以下になりました。
 

6位 GMOクラウド (ミニ)

1秒あたりの処理回数:622.77回

この6位までは好成績と言えそうです。
 

7位 FUTOKA (スタンダード)

1秒あたりの処理回数:290.74回

HTMLの表示スピードでは4位に入ったのですが、処理回数では少し順位を落としました。
 

8位 KAGOYA (S20 )

1秒あたりの処理回数:247.687回

今まで全て上位だったのですが、初めて下位に。
 

9位 お名前サーバー (SD-11)

1秒あたりの処理回数:88.14回

少し残念な結果ですね。ヘテムルの100分の1の数値になってしまいました。


 

6. 検証結果を表にしてみました。


以下、検証結果をPDFにまとめてみましたので、ご活用ください。

MEMO
⇒PDFデータ

 

7.個人的な感想


今回の検証をしてみて、個人的にはMixHost又はエックスサーバー以外のものを使う気にはなれなくなりました。

またMixHostはアダルト枠で入れてみたのですが、検証結果も良かったですし

https://のSSLに対応するのもWordpressの管理画面でURLを変更するだけ、ピュアSSDの採用、管理画面の使いやすさ、アダルトもOK(例えば精力剤とかのジャンルを取り組むときも安心)などなど、めちゃくちゃいいような気がしました。


 

8.まとめ

ただ、これはあくまでも弊社が行った検証です。

例えば、この検証中に、同じ共有スペースの他のメディアがSNSでバズっており、一時的に負荷がかかっていて遅い。。。というサーバーもあったかもしれません。
(検証結果を見る限り、肌感覚としては全然問題なさそうですが。)

そういった意味で、このデータが「正しいかどうか」や「サーバーの良さ」を決めつけるというのはあまり良くありません。

ですが、弊社自身はこの検証データを非常に重く受け止めていますので、全てのサーバーをエックスサーバーとMixHostへの移行を順次していきます。

TOP