生命保険の見直しで保険料が安くなる!おすすめの保険業者7選も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生命保険を払い過ぎている気がする」
「生命保険を見直して節約したい」

こんなお悩みを抱えていませんか?

生命保険はあなたと大事な家族を守るためにしっかり考えておきたい保障です。

しかし、安心したいからと加入しすぎていたりたり、一度加入したまま放置したりして、必要以上にお金を払い続けてしまうこともありますよね。

そこで今回は、そんなあなたに向けて生命保険の見直しの際に知っておきたいポイントと注意点をまとめてみました。

記事の後半では、生命保険の見直しにおすすめのサービスも紹介しているので、すぐに保険料を見直すことができますよ。

きっと、いつかやらないといけないことは自身が気づいているはずです。無駄にお金を払って損をしないように、早めに見直しを行いましょうね。

目次

生命保険を見直して保険料を安く抑えよう!

生命保険を見直すことで得られるメリットは、なんと言っても保険料が安くなることでしょう。

保険内容の被りや不要な保険を全て洗い出し、本当に必要な保険だけを残すことで、不要な保険料を払う必要がなくなります。

保険料を見直した人の中には、年間数十万円も保険料を安くできたという人もいるほどです。

保険料を見直すのはめんどくさいという人もいると思います。確かに、自分が加入している保険を見直して、新しい保険に入るのは少し手間がかかるでしょう。

しかし、たった一度の見直しで無駄に払っているお金を減らせるのなら、見直しをしない手はありません。

浮いたお金で旅行をするのも、豪華な食事を取ってみるのもいいでしょう。

ぜひ、保険料の見直して、無駄に払っているお金を一円でも少なくしましょう。

生命保険を見直した方が良い3つの理由

「生命保険は一度加入したら安心」
「心配だからたくさんの保険に加入した」
「生命保険に加入してから何年も見直していない」

こんな人は、保険料を払いすぎていて損をしている可能性があります。

実は、生命保険に払いすぎていることに気づかず、何年も多く払って損をしている人がたくさんいるんです。

もしかしたら、あなたも長い間余計にお金を払い続けていたかもしれませんね。

少し心配になったという人は、生命保険を見直しを検討することをおすすめします。

そこでまずは、生命保険を見直した方が良い理由を以下3点紹介します。

・ライフステージが変化しているから
・保証が二重になっている場合があるから
・時代に応じて保険料が変化しているから

これらの内容を確認していくと、保険を見直すことがどれくらい大事なことなのか実感できるはずですよ。

では、一つ一つみていきましょう。

理由1. ライフステージが変化すると不要な保険が出てくるから

生命保険に加入した後、結婚や出産でライフステージが変化したら、生命保険の見直しを行わなければなりません。

なぜなら、自分にぴったりの生命保険はライフステージごとに変わってくるからです。

例えば、子供が生まれたときは教育資金の確保のために学資保険に加入する必要がありますよね。

しかし、子供が育ち独立したら学資保険は払う必要がなくなるので、解約しないと損をすることになります。

このように、自分のライフステージによって必要な保険内容は変わってくるので、面倒ですが保険の内容はその都度見直しておかなければならないんです。

理由2. 保障が二重になって損をする場合があるから

安心したいからといって、さまざまな保険に加入していると、保険内容が被ってしまうことがあります。

それでは、必要ない分の料金も払わなければなりませんね。

「そんなことはわかってる」という声も聞こえてきそうですが、保険内容の被りは意外にも見落としてしまう人が多いんです。

ある程度の保障は、社会保険や公的年金でまかなえます。生命保険はそういった、国の保険の足りない部分をまかなうためにつけた制度です。

もし国の保険で十分賄える内容があるのなら、余計にお金を払ってまで保険に入る必要はありませんよね。

大切なのは、自分の今のライフステージや、生活環境などから、自分にとって本当に必要な保障は何と何なのか?といったことを、はっきり明確にさせることです。

もし自分が入るべき保険がわからないという人は、プロに相談して聞いてみることがおすすめでしょう。

理由3. 保証の良い保険が出ても見逃してしまうから

生命保険の内容は時代によって変化しています。新しい保険も次々と生まれているので、その中から自分にあった保険を選ぶようにするのが望ましいでしょう。

生命保険の代表ともいえる死亡保険を例にとると、最近ではタバコを吸わない方の保険料が優遇されるという死亡保険などが増えています。

もしタバコを吸わない方で、高い死亡保険を払っている人がいたら、このような保険に乗り換えた方がお得ですよね。

保険の見直しを怠って、新しい保険を見落としていると「もっと料金が安い保険」「内容がいい保険」に気づくことができません。

ですから、新しい魅力的な保険商品が出てきた時にすぐ対応できるよう、保険の加入は定期的に見直すことが大事なんです。

ここまで読んで、保険を見直すことの大事さに改めて気づいた人もいるかと思います。

「ちょっと保険を見直してみようか」と考えた人は、ぜひこの機会に保険を見直すことをおすすめします。

特に、これから紹介する「生命保険を見直したほうがいい時期」に自分の状況が重なる人は、すぐにでも見直しを始めましょう。

生命保険を見直した方が良い時期

先ほども説明したことですが、生命保険はあなたのライフステージによって必要な保険、保障額が変化していきます。

そういったことを知らないと、保険料を重複して払いすぎていたり、必要な保険に入っていなかったりと損をすることも。

そこで、ここでは生命保険を賢く利用するために、生命保険を見直した方がよい時期を具体的に紹介していきます。

結婚したとき

結婚した時は、生命保険を見直すべき大きいなタイミングの一つです。

パートナーとの新しい生活でバタバタしてしまう時期ですが、ひと段落ついたら必ず見直しておきましょう。

結婚したときは、パートナーとの”世帯”を持つことになります。世帯を持つと2人の収入が合算されるため、おのずと家計やライフスタイルも変化していきます。

専業主婦の場合は、夫が病気、怪我や死亡したときに働けなくなり収入が入らなくなったときのことを想定して、医療保険、就業不能保険、収入保障保険、死亡保険などに加入しておくことがおすすめです。

一方、共働きの場合は、2人共に保険を掛けるか、もしくは収入が多い方に保険をかけておくなどお二人のライフスタイルに合わせて変更していきましょう。

子供を出産したとき

子供が生まれたら、保険内容の見直しをしなければなりません。

子供を出産したときは、子供の教育のための教育費、生活費の負担が増えます。また一人だけでなく、二人、三人と増えていくと、その費用も大きくになります。

そのため、夫がもしも働けなくなったときのために、補償額の多い死亡保険に変更を検討することが大切です。

また、教育費を確保するために一定期間、学資保険に加入しておいた方がよいでしょう。貯蓄とのバランスも考えつつ、加入する保険を増やすといったことを考える必要があります。

子供が独立したとき

子供が独立したときは、生活費や教育費の負担が少なくなります。

そのため、子供の教育費のために入っていた学資保険を再度見直したほうが良いでしょう。

また、子供が独立すれば万が一働けなくなった時のリスクも少なくなります。ですから、子供が独立したタイミングで死亡保険の補償額を減らしておくのも良いでしょう。

離婚したとき

もしパートナーと離婚することになったら、保険の内容も見直さなければいけません。

なぜなら、今まで加入していた公的な保険を受けられなくなてしまうからです。

特に、専業主婦の方は特に注意しなければなりません。

「専業主婦でパートナーが会社員」というケースでは、パートナーの入っていた公的医療保険の保証が受けられなくなってしまいます。

すると、もし病気や怪我で治療を受けることになった場合、治療費を10割負担しなければならないという事態にもなりかねません。

また、保険を離婚後に誰が引き継ぐのかなども考え流必要があります。

離婚後はただでさえやることが多いですが、すぐに動かなければ面倒なことになりますので、なるべく早く保険の見直しておきましょう。

退職したとき

退職したときには、給与がなくなり年金での生活になります。

そのため、できるだけ保険料の負担を減らして、葬儀の時の費用のみを貯蓄しておきたいという考えの人も多くなります。

その場合は、生命保険の料金を下げておくと良いでしょう。

このように、「ライフステージの変化が最近おきた」という人は、すぐにでも生命保険の見直しに取り掛かりたいところ。

しかし、いきなり生命保険を見直せと言われても、何から手をつけたらいいのかわからない人は多いですよね。

では、生命保険を見直す時は、どのような点を押さえておかなければいけないのでしょうか。

ココだけは押さえたい!生命保険を見直すポイント

生命保険はライフステージの変化によって変更していくことが大切だということを説明しました。

しかし生命保険は種類も多く、何をどのように見直せばいいのかわからない人は多いですよね。

そんな方は、最低限次のポイントだけは抑えておきましょう。

具体的には、以下の3点です。

・保証金は妥当な額か
・保証期間は適切か
・保証が自分に合っているか

では、一つ一つ確認していきます。

保証金は妥当な額か

保証金額が自分のライフスタイルに合っているかは、重要なポイントです。

本当にその保証金額は妥当な額なのか、一度確認する必要があるでしょう。

保証金額は扶養する家族の人数や、自分のライフスタイルに合わせて変更しなければいけません。

例えば、死亡保険では自分が死亡した際にどれくらいのお金が必要なのかをシュミレーションします。

そこで、少ないと感じたら大型の死亡保険に切り替えたり、逆に備えが多すぎると思ったら保険料の安いものにして負担を減らすなど、自分のライフスタイルによって変更するのが一般的です。

保証期間を見直す

保険を見直す際は、保証期間を見直すことも大切です。

なぜなら、保険は期間によって料金が違っていたり、保険の適用期間が短かったりするからです。

例えば、終身保険の場合は補償が一生涯続きますが、定期保険の場合は保険期間が満了すると更新が必要になります。

このように、保証期間が限られている場合は更新が必要になるので注意が必要です。

また定期保険の場合は、若いうちは保険料が安いですが、年齢とともに上昇していくということも覚えておきましょう。

保険の種類はあっているか

保険にはさまざまな種類があります。例えば、以下のような保険があります。

  • 解約返戻金が戻ってくるもの
  • 解約しても一切支払われないもの
  • 満期金があるもの

こういった特徴を知って種類を見直すことも大切です。

例を挙げると、終身保険は支払った全額帰ってくるため貯蓄性があります。

しかし、定期保険の場合は、保険料は少ないものの満期になっても返金がないといったこともあるんです。

こういった細かな内容を、自身のライフスタイルや保険に加入する目的に合わせて選んでいくことが大切です。

生命保険を見直しする際は、以上のポイントを踏まえて行う必要があります。

ただ、これらのポイントを自分一人で確認するのは無理があるでしょう。自分一人で保険の見直しを行うとしたら、膨大な時間と知識が必要になります。

そんなときは、業者を使うのが一番良いでしょう。今は、見直し相談が無料の保険業者がたくさんあるので、気軽に相談することができますよ。

生命保険の見直し相談に!おすすめの保険業者7選!

生命保険の相談はプロに相談することが最も確実です。

生命保険のプロ達は、様々な保険の情報を全て把握しています。

そのため、一人一人にあった保険のプランを選んでくれて無駄がありません。

自身で保険内容を見直すと、どうしても見落としてしまう点が出てきてしまうので、保険の見直しは保険業者のお願いしまいましょう。

生命保険の見直し相談をしたいという人に、おすすめの保険業者を7つ紹介していきます。

保険の見直しをお金のプロが無料で解決「保険見直しラボ」


「保険見直しラボ」は、ご家族のライフスタイルに合った保険プランを業界歴平均12.1年という頼りになるベテランが、何度でも無料で相談してくれるという保険会社です。

保険料の節約にもしっかり相談に乗ってくれて、何度でも親切にサポート、提案してくれますよ。

プランナーさんの親切さや、月の保険料が1万円も安くなった、保険への不安がなくなったという声も多く、口コミでも好評のようです。

「保険見直しラボ」の公式サイトはコチラ

岡山一等米5キロをプレゼント!「保険ガーデン」


「保険ガーデン」は、お客さんの悩みや状況に合わせて、FPを選びだし保険の相談に乗ってくれるという保険サービスの会社です。

過度な営業などはなく、保険に関して、悩みや相談ごとに乗ってもらいたいという場合におすすめです。

今なら、無料の保険相談で岡山の一等米5キロをプレゼントしてくれるという太っ腹なサービス中です。

保険ガーデンの公式サイトはコチラ

初心者にやさしい保険選びなら「保険ランドリー」


初心者の方でも優しく無料で相談に乗ってくれる保険会社です。

経験豊富な保険コンサルタントは会社を超えた独立した体制をとっており、プロ目線でありとあらゆる保険を取り扱っています。

そのため、あなたのライフスタイルに適した保険を独自の視点で提案してくれることでしょう。

「保険ランドリー」の公式サイトはチラ

国内最大級!保険の無料相談申込は「保険コネクト」


「保険コネクト」は生命保険を取り扱っている種類が多く、あなたのライフスタイルにマッチあした最適な組み合わせを提案してくれます。

全国各地に保険のプロが在籍し、ノルマもなくお客さんのことを第一に考える保険のプロばかりが在籍してあなたに合った保険プランを立ててくれます。

「保険コネクト」の公式サイトはコチラ

あなたに合った保険を提案「じぶんの保険」

「じぶんの保険」は、あなたのライフプランに沿った、現在の必要保証額をプロの立場から診断してくれます。

現在保険に入っているけど、ライフステージが変わったなどの理由で、一度見直したいという人にはうってつけの保険会社です。何社分もの保険を扱っているFPがあなたの相談にしっかり答えてくれます。

「じぶんの保険」の公式サイトはコチ

無料保険相談30万件の実績「みんなの生命保険アドバイザー」


「みんなの生命保険アドバイザー」は、業界歴10年、無料保険相談の実績が30万件以上で満足度が97%という実績と経験が豊富な保険会社です。

保険料が高くてお金が貯まらない、家計の負担を減額したい、お金のプロに相談して貯蓄をしたい、といった人におすすめです。

経験豊富なアドバイザーがあなたのお悩みをしっかり解決してくれることでしょう。

「みんなの生命保険アドバイザー」の公式サイトはコチラ

家計と保険の無料相談申込なら「保険マンモス」

「保険マンモス」は、保険相談の担当のプロのFPのサービスと質を数値化した新・品質基準(FPQ)を導入するなどをしている安心の保険会社です。

数値化は主に、実際の保険相談を行ったユーザーアンケートをもとにしており、マナーやコミュニケーションの能力や専門知識のわかりやすさ、紹介できる保険の商品の数などが指標として表れています。

しっかりと相談に乗ってくれ、あなたに適した保険料を安くするアドバイスなどをしてくれますよ。

「保険マンモス」の公式サイトはチラ

生命保険の見直し前に確認したい3つの注意点

これから業者を使って生命保険の見直しをする人は、最低限注意しておきたい点があります。

これらを意識していないと、せっかく見直したのに無駄を無くしきれなかったということにもなりかねません。

そこで、保険の見直し前に3つの注意点をご紹介します。

注意点1. 生命保険以外から受けられる保障を確認する

生命保険を見直すときは、保険の内容に被りが出ないように、生命保険以外から受けられる保証も確認しておかなければなりません。

例えば、公的年金の一種である「遺族年金」と生命保険の内容が被ってしまうのは、よくある一例です。

遺族年金は被保険者がなくなった時に家族に支給される公的年金です。

もし、遺族年金で保障される金額が大きい場合、保険会社で加入している生命保険の金額と合わせると必要以上の額をもらうことになります。

そういった場合には、生命保険の補償額を減額するなどの処置をとってもよいでしょう。

その他にも例を挙げると、住宅ローンを組んでいる人の場合は、団体信用生命保険が付帯されています。

それは契約者に万が一のことが起こった場合、残りの住宅ローンの支払いが免除されるという保険です。

最近の団体信用生命保険の場合は、医療保障や就業不能保障などがついている場合があります。

そういった保険に入っている場合は、生命保険の保険料を安くすることができますので確認してみましょう。

注意点2. 保障が二重になっていないか?不要な特約を解除する

生命保険には、メインの死亡保障の他にもさまざまな特約(オプション)が付いていることが多いです。

その中には、医療特約、障害特約、介護特約、定期特約、健康祝い金特約などがあります。

生命保険の保険料が高い原因の一つは、こういった特約の付けすぎということがあげられます。

例えば、すでに医療保険に加入している場合は、生命保険の医療特約と保険内容が被っている可能性が高いですよね。

そういった場合、医療特約を外すか医療保険を解約するなどして保険に被りが出ないようにすれば、毎月の保険料はずいぶん抑えることができます。

注意点3. いくつかの保険会社で見積もりを比較する

保険の種類はたくさんあり、保険会社によっても補償額と保険料の違いはさまざま。

最近では、魅力的な保険がたくさんあり、種類も豊富になっています。

そのため、一人ひとりのライフスタイルに合った保険に加入するために、いくつかの保険会社で、見積もりを比較することが大切です。

見直しが終わった後に、「こっちの保険の方がお得だった」なんてことにならないように、自分にあったオリジナルの保険の組み合わせを見つけましょう。

まとめ

生命保険の見直しに大切なポイントや見直すべき時期、注意点などを紹介しました。

生命保険はしっかり見直すと減額でき、家計を大きく助けることになります。

賢く生命保険を見直して今よりも豊かな生活を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。