WordPress関連コラム  2020.9.23

コクーンが初心者に人気な3つの理由|ワードプレスを自分好みにカスタマイズできる

無料のワードプレスのテーマを探していると「コクーン」の名前をよく目にしませんか?

実はコクーンは無料なのに自分好みのサイトが作れる、初心者でもカスタマイズしやすいワードプレステーマとして人気なんです。

この記事では、ワードプレステーマのコクーンがよく使われている3つの理由をご紹介します。

ダウンロード方法や使いこなし方までご紹介しているので、興味を持ったら導入までチャレンジしてみてください。

サイトを自分好みにカスタマイズしましょう!

カスタマイズ性が抜群なワードプレステーマのコクーンとは?

コクーンは、わいひらさん(@MrYhira)が作成したワードプレスのテーマです。

わいひらさんが以前公開したSimplictyの後続のテーマで、シンプルでありながらカスタマイズ性に優れたワードプレステーマになっています。

検索上位に出やすくなるSEO対策や、記事を拡散しやすいSNSボタンなども導入されているのに、無料で使えるのがポイントです。

難しいイメージのあるワードプレスですが、初心者でもカスタマイズが簡単にできるので、コクーンにはたくさんの利用者がいます。

利用者が多いと、わからないことがあっても検索すれば解決しやすいのも魅力的ですね。

わいひらさん本人が利用者の質問に答えているサイトもあるので、迷ったら「Cocoon フォーラム」をチェックしてみましょう。

自分好みのサイトが作れる!コクーンの3つのメリット

コクーンのメリットは主に以下の3つです。

  • 無料でテーマを利用することができる
  • 細かい部分までカスタマイズが楽しめる
  • レスポンシブ設定に対応している

3つのメリットに興味があるならコクーンの導入がピッタリです。

1つずつ詳しく見てみましょう。

無料でテーマを利用することができる

1つ目のメリットは、無料でテーマを利用できることです。

サイトやブログを作るときに、多少なりとも初期費用がかかってきます

サイトを開設するのに欠かせないサーバーやドメインの料金だけでも数千円は必要です。

有料のワードプレステーマを買おうとなると、数万円のテーマも。

「最初からそんな投資できない!」「できるだけ初期費用を抑えたい!」そんな人に無料ワードプレステーマコクーンはおすすめです。

最初は無料テーマで始めて、軌道に乗ってから有料テーマに変更することもできます。

お金を掛けずにまずはワードプレスを試してみたい人にも無料テーマであるコクーンはおすすめです。

細かい部分までカスタマイズが楽しめる

2つ目は、細かい部分までカスタマイズが楽しめることです。

コクーンはシンプルなテーマなので、自分好みにカスタマイズすることができます。

CSSというサイトの外観を装飾するコードについて、コクーン専用のカスタマイズ方法を解説している記事も多いです。

気に入ったデザインのCSSコードをコピペするだけでデザインを変えることもできるので、CSSのコードの知識がなくても問題ありません。

サイトをカスタマイズするうちに、基本的なコード知識も自然と身についてくるでしょう。

レスポンシブ設定に対応していてAMP機能もある

コクーンはレスポンシブ設定に対応していてAMP機能もあるテーマです。

ワードプレス初心者には嬉しい機能がコクーンには標準で搭載されています。

専門用語に戸惑う人もいると思うので、それぞれについて順番に確認していきましょう。

レスポンシブ設定

レスポンシブ設定とは、パソコンやスマホなど、端末に合わせてサイトを見やすくレイアウトしてくれる機能です。

パソコンとスマホでは、画面の大きさも操作も違いますよね。

パソコンでの表示をスマホで見ると、何度も拡大や縮小を繰り返して見ることになってしまい、とても見づらくなってしまいます。

逆にスマホ表示のままパソコンで表示すると小さい画面用に作られているので、スマホ表示では必要な情報がなかなか入ってこず非常に見づらいです。

コクーンはレスポンシブ設定に標準で対応しているので、見る端末に合わせてテーマが自動で適切な表示にしてくれます。

レスポンシブ表示もモバイルボタンや文字色など細かい部分までカスタマイズできるので、サイトをより見やすくできるのです。

AMP機能

AMP機能とは、モバイルでのweb表示を高速にしてくれるGoogleが推進する機能です。

例えばGoogleで「ハロウィン」を検索すると、こんな電撃マークのついたサイトが見つかります。

AMP機能電気マークス

このマークがついているサイトは、AMPに対応しているサイトです。

サイトを高速で表示できるので、読み込みの待ち時間が減って見る人のストレスを軽減できます。

記事の満足度もその分上がりやすくなります。

AMPが対応していないテーマで自分で設定することもできますが、テーマを自分で開発する程度の知識と技術が必要です。

また、自分で設定した場合はエラーが出るケースもあるので注意しなければなりません。

自分で設定しなくてもコクーンは標準対応なので、最初からAMPに対応しているテーマが良い人にはコクーンは魅力的です。

注意!カスタマイズに興味がないならコクーンは不向き!

「カスタマイズなんてめんどくさい!」「記事が書ければサイトのカスタマイズなんて興味ない!」そんな人にはコクーンは不向きです。

カスタマイズ性の高さが魅力のテーマなので、カスタマイズに興味がないには設定項目が多すぎて使いにくく感じてしまうでしょう。

カスタマイズしなくて良いシンプルなデザインのテーマなら、同じ作者のSimplicityがおすすめです。

ちなみに、Simplicityの特徴は以下の点です。

  • 設定項目が少なくてシンプルである
  • SEO対策やレスポンシブデザインに対応している
  • カスタマイズもできる

一番の特徴は、テーマ名からもわかるシンプルさ

サイトの土台となるSEO対策やレスポンシブデザインに対応していて、必要な機能は揃っています。

無駄な装飾が無いので、後からCSSで自分好みにカスタマイズも可能。

スキン機能という、ポチッと押すだけでサイトのデザインを変える機能も備わっているので、カスタマイズがめんどくさい人にもおすすめです。

「コクーンよりシンプルなテーマがいい!」という人はSimplicityを利用してみましょう。

ワードプレステーマのコクーンがおすすめな人

3つのメリットと注意点を見て、コクーンを利用するかお悩みの人も多いと思います。

以下の項目に当てはまる人はコクーンがおすすめです。

  • 無料でワードプレステーマを使いこなしたい
  • カスタマイズして自分の思い通りのワードプレスサイトを作りたい
  • 追加するプラグインは最低限にしたい

コクーンは無料で思うがままにカスタマイズできるのが最大の特徴です。

ワードプレスでサイト運営していく上での基本的な機能も備わっているので、プラグインを後から追加する必要も最低限しかありません。

「コクーンを使ってみたい!」という人のために、ここからはコクーンをダウンロードして、ワードプレスで使いこなす方法までご紹介します。

ワードプレステーマのコクーンを利用する方法は簡単!

コクーンはいろいろカスタマイズできるので利用方法に不安があるかもしれませんが、実は難しくありません

コクーンのダウンロードからワードプレスに入れて使いこなすまでをご紹介します。

使いこなすときも「マニュアル」があるので、マニュアルに沿って設定していけば大丈夫です。

それでは、まずはコクーンを手に入れて自分のワードプレスに設定するやり方を見ていきます。

コクーンをダウンロードしてワードプレスに設定する方法

コクーンを利用するためにワードプレスにダウンロードする方法は以下の3ステップです。

  1. コクーンのサイトから親テーマと子テーマをダウンロード
  2. ワードプレスのテーマ管理画面からテーマをアップロードとインストール
  3. コクーンを有効化して完了!

実際やってみると、とても簡単なので安心してください。

どんな手順でダウンロードするのか、さらに詳しく見ていきましょう。

ステップ1.コクーンのサイトから親テーマと子テーマをダウンロードする

テーマのインストールの前に、親テーマと子テーマをダウンロードします

親テーマとは、テーマの基本になるデータの事で、子テーマは親テーマを崩すことなくカスタマイズできるデータです。

コクーンは親テーマと子テーマ2つをインストールして使うテーマになります。

親テーマだけをインストールすると、テーマのアップデートが入った時にカスタマイズがリセットされてしまうので要注意です。

子テーマもインストールすることで、一生懸命カスタマイズして作ったサイトの設定を維持することができます。

親テーマと子テーマがダウンロードできるのは、コクーンの「テーマ配布サイト」です。

コクーン親テーマテーマダウンロードスクショ

(引用:cocoon

親テーマのダウンロードボタンは赤枠の部分になっており、押せばダウンロードが始まります。

子テーマのダウンロードボタンもあるので、一緒にダウンロードしましょう。

コクーン子テーマダウンロードスクショ

(引用:cocoon

子テーマのダウンロードが終わったら最初のステップは終わりです!

ボタンを2回押すだけなので、難しいことはありません。

次は手に入れたコクーンをワードプレスにインストールします。

ステップ2.ワードプレスのテーマ管理画面からテーマをアップロードとインストール

テーマがダウンロードできたら、まずはワードプレスにログインしましょう。

管理画面の外観の「テーマ」をクリックしてテーマ管理画面を出します。

コクーンインストール手順①

左上に「新規追加」ボタンがあるので、クリック。

コクーンインストール手順②

「テーマのアップロード」をクリックすると、「ファイルを選択」ボタンが現れます。

コクーンインストール手順③

ファイル選択ボタンをクリックして、コクーンの親テーマ「cocoon-master-(バージョン).zip」を選択します。

その後、「今すぐインストール」ボタンを押しましょう。

コクーンインストール手順④

完了すると、次のような画面が表示されます。

コクーンインストール手順⑤

親テーマのインストールはこれで完了です!

「テーマのページの戻る」をクリックして、次は子テーマのインストールを始めましょう。

テーマページに戻ったら、親テーマのインストールと同じように新規追加からテーマのアップロードボタンをクリック。

今度は子テーマのファイル「cocoon-child-master-(バージョン).zip」を選択して、「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

コクーンインストール手順⑥

インストールが完了すると、次のようなメッセージが表示されます。

ちなみに、子テーマの有効化の際には親テーマのインストールが必要なので注意しましょう。

コクーンインストール手順⑦

最後に「有効化」をクリックすればテーマがワードプレスサイトに適用されます

ステップ3.コクーンの有効化完了!

正常に有効化されていれば、テーマ管理画面で以下のような表示がされています。

有効化できたか確認してみましょう。

コクーンインストール手順⑧

このときに子テーマである「Cocoon Child」が有効になっているか確認してください

カスタマイズする際に、親テーマを直接書き換えてしまうと、カスタマイズデータが消えたときに復旧の手間がかかってしまいます。

コクーンのアップデートをしただけでもカスタマイズが0に戻ってしまうので、必ず子テーマを使うように意識するのが良いです。

有効化ができたら、トップページは以下のようになります。

コクーンインストール手順⑨

とてもシンプルなレイアウトなので、ここからどんどん自分好みにカスタマイズしましょう

サイトカラーを付けるのも、画像を配置するのも思いのままです。

ぜひ自分だけのサイトを作ってみてください。

コクーンをワードプレスで使いこなす方法

コクーンには初心者でも迷わないように、「テーマの利用マニュアル」があります。

インストール直後は何も設定がされていないので、マニュアルに沿って設定しましょう。

コクーンのテーマの利用マニュアルには、サイト作成するためのドメイン取得から基本設定、広告の設定まで初心者にも優しく解説されています。

モバイル設定やAMP設定などのちょっと複雑な機能の設定方法も載っていて、ワードプレス初心者は見ているだけで勉強になるはずです。

サポートも充実していて、「テーマの質問」からは過去にコクーン利用者が質問した内容から自分の疑問を解決できます。

コクーン作成者のわいひらさんが利用者の質問に回答しているものも。

疑問点はほとんどこのページで解決できるので、わからないことがあったらまずは覗いてみてください。

まとめ

コクーンは、無料のワードプレステーマとしてとても人気があります。

ワードプレスのカスタマイズも楽しみながらサイトを作りたい人にはピッタリのテーマです。

一方で、複雑な設定はできるだけ避けて、簡単にワードプレスを試したいなら別のテーマも検討してみると良いでしょう

インストールをはじめ、カスタマイズして快適に利用するまでマニュアルもあるので、ワードプレス初心者にも優しいテーマです。

基本機能をかけ備えていてカスタマイズ性に優れた無料ワードプレステーマのコクーンで、自分好みのワードプレスのサイトを作ってみてください。