WordPress関連コラム  2020.8.19

ワードプレス初心者向け!ドメインを取得する方法を分かりやすく解説

ワードプレスでメディアやブログを運営するのであれば、独自ドメインの取得は必須です。

しかし、「そもそもドメインって何?」と専門用語に戸惑う人もいるでしょう。

今回は、ドメインが必要な理由や独自ドメインの取得方法を解説します。

初めに設定したドメインから変更するときの手順も説明しているので、参考にして下さい。

メディア・ブログ運営に欠かせないドメイン取得の方法を知って、スムーズにメディアやブログの運用を始めましょう。

ワードプレスでメディア運営をするときの大まかな流れ

ワードプレスでメディアやブログを運営しようと考えているのであれば、ドメイン取得は必須です。

ドメイン取得を含め、以下の3つの準備が欠かせません。

  • レンタルサーバーを契約する
  • ドメインを取得する
  • ワードプレスをインストールする

紹介する順番に準備を進めると、スムーズにメディアやブログを開設できます。

順番に確認していきましょう。

流れ1.レンタルサーバーを契約する

まずは、レンタルサーバーを契約しましょう。

サーバーとは、ファイルなどのデータを保存する場所のことです。

ワードプレスで作るコンテンツや写真などは、サーバーに保存することになります。

サーバーを自分で用意しようと思うと、サーバー用のコンピューターを購入し構築作業をしなければなりません。

しかし、レンタルサーバーを利用すれば月額500円〜1,200円程度と安価にサーバーを借りれるのです。

ワードプレスを運用するために必ずサーバーは必要なので、レンタルサーバーを契約しましょう。

流れ2.ドメインを取得する

レンタルサーバーを契約したら、ドメインを取得しましょう。

アメーバブログやはてなブログと違って、ワードプレスでメディアやブログを運営するには、自分のドメイン(独自ドメイン)を取得しなければなりません。

独自ドメインを取得する方法については、『さっそく独自ドメインを取得しよう』で詳しく解説しています。

流れ3.ワードプレスをインストールする

サーバーとドメインの紐付けができたら、ワードプレスをインストールしましょう。

ワードプレスのインストールは、以下のような手順で行います。

  • ワードプレスの公式サイト(日本語版)からファイルをダウンロード
  • FTPクライアントを利用してワードプレスをアップロード
  • ブラウザからアクセスして設定を入力
  • ダッシュボード(管理画面)へログイン

以上で、レンタルサーバーにワードプレスのインストールが完了します。

レンタルサーバーによっては、「簡単インストール」などFTPクライアントを使わない方法もあるので確認してみましょう。

ワードプレスのインストールが完了したら、あとは初期設定を行ってコンテンツを作っていけばメディア・ブログを開設できます。

そもそもドメインって何?

独自ドメインの取得方法を確認する前に、「そもそもドメインって何?」という疑問を解消しておきましょう。

ドメインとは、インターネット上におけるメディアやブログの住所のことです。

  • XXX.co.jp
  • XXX.com
  • XXX.jp

これらの文字列をドメインと言います。

本来、インターネットの中で住所はIPアドレスで表されます。

IPアドレスは、000.00.00.00といった数字で表されるのですが、人間にとっては覚えにくい文字列です。

そのため、IPアドレスをドメイン名に変換してメディアやブログの場所を示します。

ワードプレスでのサイト運営で何故ドメインが必要?

実は、ワードプレスでのサイト運営に独自ドメインは必須ではありません。

なぜなら、レンタルサーバーを借りることによってサーバーのドメインを使えるからです。

しかし、サーバーのドメインを利用するよりも独自ドメインを使う人が圧倒的に多くいます

その理由は2つあります。

  • そのメディアのコンテンツであることを主張するため
  • 他のサーバーに依存するリスクがあるため

たとえば、弊社サイトでは誰もがsmartaleckのメディアを見ていることが分かるように「smartaleck.co.jp」という独自ドメインを使用しています。

このドメインは弊社でしか使えないドメインです。

読み手にメディアの存在やオリジナリティをアピールするために、独自ドメインは必要とされています。

また、借りているレンタルサーバーが何らかの事情でサービス中止となったり、他のサーバーへ乗り換えをしたりする場合、付属のドメインが使えなくなってしまうのです。

せっかく今まで集客していたのに、突然メディアのURLが変わると集客をし直さなければならない事態に陥ります。

このようなリスクを避けるためにも、ワードプレスでメディアやブログでは独自ドメインを使うことが一般的となっているのです。

ここまでドメインについて理解を深めました。

なぜワードプレスに独自ドメインが必要か分かったところで、早速独自ドメインの取得方法を確認していきましょう。

さっそく独自ドメインを取得しよう

ここからは独自ドメインの取得方法を確認していきましょう。

独自ドメインを取得するためには、インターネット上でドメインを購入しなければなりません

有名な独自ドメインを扱う業者には、以下のようなサイトがあります。

このように、たくさんの業者があります。

どこで取得しても問題ありませんが、今回は有名なお名前.comで独自ドメインを取得する方法を確認していきましょう。

取得からサーバーに設定するまでの流れは、以下の通りです。

  • 独自ドメインの名前を決める
  • 料金を確認する
  • 会員登録する
  • 支払い方法を選ぶ
  • ネームサーバーの設定を変更する
  • レンタルサーバーに独自ドメインを設定する

順番に確認していきましょう。

手順1.独自ドメインの名前を決める

お名前ドットコムトップ

まずは、ドメインの名前を決めましょう。

会社名やメディア名、ブログ名などと連動させて決める人が多いです。

ドメインは世界に1つしか認められていません。

「このドメインにしよう!」と思っても先に取得されていると、使えないので注意しましょう。

手順2.料金を確認する

続いて料金を確認しましょう。

「.jp」や「.net」「.com」など、ドメインの末尾によって料金が異なります。

「ドメインの末尾で何か変わるの?」と思うかもしれません。

結論から言うと、このドメインの末尾によってSEOが左右されることはありません

しかし、なんとなくドメインによって以下のような印象を抱かせる傾向があります。

.co.jp
.go.jp
.ac.jp
手堅い印象。
会社や政府機関、大学のホームページに使われる。
.com
.net
.jp
汎用的。
見たことのあるドメインで違和感がない。

これらの印象を踏まえ、語呂が良いものや好きなものを選びましょう。

手順3.会員登録する

お名前ドットコム会員登録

ドメインを決めたら、お名前.comに会員登録をしましょう。

会員登録には、以下の情報が必要です。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 種別(個人・法人)
  • お名前
  • 郵便番号・住所
  • 電話番号

入力をしたら次の画面に進みましょう。

手順4.支払い方法を選ぶ

続いて、支払い方法を選びましょう。

お名前.comでは、以下の支払い方法が選べます。

  • クレジットカード
  • 銀行振り込み
  • 請求書
  • コンビニ払い

クレジットカード払いであれば、クレジットカード情報も入力しましょう。

支払いが完了すると、申し込みが完了します。

そのため、早く独自ドメインを取得したいのであればクレジットカード払いを選びましょう

支払いの確認が終わると、登録したメールアドレスに「ドメイン 情報のお願い」というメールが届きます。

メール内にあるURLにアクセスすれば、独自ドメインの取得は完了です。

手順5.ネームサーバーの設定を変更する

独自ドメインを取得したら、お名前.comの「ドメインnavi」からネームサーバーの設定を変更しましょう。

変更の手順は、以下の通りです。

  • 取得したドメイン名のネームサーバーの「変更する」をクリック
  • 「ネームサーバーの変更」画面から「変更のネームサーバーを利用」をクリック
  • 1プライマリネームサーバー・2セカンダリネームサーバーをレンタルサーバーに変更
  • 「確認画面へ進む」をクリック→「設定する」をクリック

以上で、お名前.comでの登録は完了です。

手順6.レンタルサーバーに独自ドメインを設定する

最後にレンタルサーバーに独自ドメインの設定をしましょう。

レンタルサーバーによって手順は異なりますが、マイページやユーザー専用ページからログインをして「独自ドメイン」の項目から設定できるはずです。

レンタルサーバーでの独自ドメインの設定ができたら、ドメインに関する設定は完了しています。

あとはワードプレスをインストールし、コンテンツを作っていきましょう。

ワードプレスのドメインを変更したい!4つの手順

長くメディア運営をしていると、「一度設定したドメインを変更したい」と思うことがあるかもしれません。

ドメインの変更は、意外と簡単です。

以下の手順に従って、ドメイン変更をしましょう。

  • 新しいドメインを取得する
  • ワードプレスでサイトURLを新しいURLに変更する
  • アドレス転送を設定する
  • Google search consoleに新しいURLを登録する

順番に確認していきましょう。

手順1.新しいドメインを取得する

まずは、新しいドメインを取得しましょう。

取得の方法は、既に説明した通りです。

ドメインの取得ができたら、レンタルサーバーから独自ドメインの追加設定を行います。

手順2.ワードプレスでサイトURLを新しいURLに変更する

つづいてワードプレスのダッシュボードから、サイトURLを新しいドメインのURLに変更しましょう。

ダッシュボードにログイン→メニューバーから「一般」をクリックします。

一般設定画面から、以下の2つのアドレスを変更しましょう。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

2つのアドレスを新しいドメインのURLに変更し、「保存」をクリックします。

以上で、ドメイン変更は完了です。

手順3.アドレス転送を設定する

メディアやブログのドメインを変更したら、アドレス転送の設定をしておきましょう。

なぜなら、以前のURLへ訪問した人に新しいURLを誘導する必要があるからです。

誘導をしっかりしておくことで、前のドメインで得たGoogleの評価を受け継ぐことができます。

逆に、設定をしておかなければ訪問した人にはエラー画面が表示されてしまいます。

さらに、エラーの多いサイトとGoogleから判断され、評価を落としかねません。

アドレス転送は、301リダイレクト設定で行います。

レンタルサーバーのコントロールパネル(管理画面)から独自ドメインの設定ができる場所を探してください。

公開(アップロード)されているフォルダの空白部分に任意の名前を入力しましょう。

続いて、コントロールパネルのFTPを開き、先ほど作ったフォルダを開きます。

さらに、新規ファイルを作成して「.htaccess」と名前をつけます。

.htaccessが出来ていることを確認したらファイルを開き、以下のようにURLの設定を変えましょう。

Redirect permanent / http://XXXX.com(新しいドメイン)

属性を604にして、転送設定は完了です。

手順4.Google search consoleに新しいURLを登録する

最後に、Google search consoleに新しいドメインのURLを登録しましょう。

まず、Google search consoleの管理画面にログインしましょう。

設定(歯車マーク)をクリック→アドレス変更から、変更が可能です。

「リストから新しいサイトを選択する」の項目の「追加してください」をクリック→プロパティの追加で、新しいURLを入力しましょう。

301リダイレクトの確認ができたら、「アドレス変更のリクエストを送信する」の送信ボタンを押して完了です。

正常に動作すれば送信完了の画面に変わります。

以上、ドメインを新しく変更するときに必要な設定でした。

ドメインを変更してもGoogleの評価が下がらないよう、アドレス転送やGoogle search consoleの設定を忘れないよう注意しましょう

まとめ

ワードプレスでメディアやブログを運営するのであれば、独自ドメインの取得は必須です。

人気のある「お名前ドットコム」で簡単にドメイン取得することをおすすめします。

メディア・ブログ運営に欠かせないドメイン取得の方法を知って、スムーズにメディアやブログの運用を開始させましょう。

TOP